Armbian のレポジトリミラーを指定する

  • 記録
Share:

Armbian は Debian GNU/Linux を ARM プロセッサの SBC に最適化したディストリビューションです。非常に多くの SBC をサポートするだけでなく,とても簡単なインストールと高い安定性を実現しています。

Armbian では,Debian のレポジトリとは別に Armbian 専用のレポジトリが使われています(apt.armbian.com)。現在の運用では,専用レポジトリへのアクセスは geoip に基づいてリージョンごとのミラーサーバに分散されるようになっています。

ところが,アジアでは中国本土にしかサーバがなく,日本からのアクセスでは異常に遅く不安定です。そのため,北米のサーバにアクセスしたほうがまだ速いという状況になっています。それだけでなく,他のリージョンのサーバでも,かなり遅いものが混ざっています。

このままだと接続エラーでアップデートが頻繁に失敗してしまうので,ミラーサーバを明示的に指定する必要があります。最新のミラーサーバのリストはウェブでは見つかりませんでしたが,Armbian の設定ツール armbian-config でミラーサーバの設定ができます。

armbian-config は,Armbian システムでアップデートの上 apt install armbian-config とすれば導入できます。

root 権限で armbian-config を起動し,"Personal" > "Mirrors" と辿ると,最新のミラーサーバ一覧からひとつのサーバを明示的に指定できる設定画面が開きます。掲載されているサーバへ実際にアクセスしてみて,日本からのアクセスがなるべく速いものを選択します。

自分の場合は,armbian.hosthatch.com (米国のホスティング業者らしい)を選択することで安定しました。

それにしても,けっこう有名なプロジェクトなのに,ここまでミラーが偏っているのはどうしてなんでしょうか?

コメントを残す

投稿にあたり,完全な IP アドレスが保存されます(公開されません)。

コメントはスパムフィルタで処理され,承認後に公開されます。