オセロットはジャガー

  • 知識

オセロット ocelot というネコ科の動物がいる。いわゆるヤマネコの一種であり,明確に異なる種でありつつも,人々が慣れ親しんだイエネコによく似た姿と気質を持つ。ペットとして飼育されることもあり,サルバドール・ダリもオセロットを飼っていた。Minecraft に登場する飼うことのできるネコは,実はこのオセロットである。

一方,オセロットの住む中南米には,別のネコ科動物であるジャガー jaguar も生息している。ヒョウ属であるジャガーは 100kg を超える個体もある大型の種であり,獰猛な気質を持つ。顔つきもふてぶてしくおそろしげで,ネコのようなかわいらしさもあるオセロットとは大違いである。オセロットと同じネコ科で模様もよく似ているが,それ以外の点では大きな隔たりがある。

ところで,この二種には不思議な交錯がある。

オセロットという名前は,ナワトル語の「ocelotl」が語源であるという。ところが ocelotl とは,本来ジャガーを指す語なのである。

アステカでは精鋭兵を ocelotl と呼び動物の ocelotl に扮した格好をしていたなど,まさしくジャガーの獰猛なイメージを分かちがたく伴った語であったことは間違いない。

このような取り違えが生じた原因は明確でないようである。よくあるように翻訳上の混乱が原因なのかもしれないし,そもそも彼らはジャガーとオセロットを取り立てて区別しなかったのかもしれない。ともかく,勇猛なる ocelotl の名で呼ばれることになったのは密林の王者ではなく,よく似た模様を持つ小型のヤマネコであったわけである。

もっとも,ジャガーは今の名前にも満足することだろう。ジャガーという名は当地の別の言語であるトゥピ語での呼び名「jaguara」に由来しており,もともとは一般名詞としての「猛獣」を意味する語だとのことである。

Share:
タグ:

コメントを残す

投稿にあたり,完全な IP アドレスが保存されます(公開されません)。

コメントは承認後に公開されます。コメントの内容はスパムフィルタで処理されます。